カウンセリングを受ける男性

早期治療が改善の鍵を握る

うつ病かどうかを診断する為には精神科や心療内科に行く必要があります。この病気は真面目な人が発症しやすく、ストレスも大きく関わっています。その為、真面目な性格の人やストレスを溜めやすい人は普段からセルフチェックを行い早期発見に努めましょう。

詳しく見る

悩む男性

適切な治療で症状軽減

うつ病は心療内科等で正確な診断と治療を受けることで症状が改善しますが、初診では十分なカウンセリングを行うため医療費が高くなることもあります。また、一度の診察で完治することはないため、定期的に通いやすい場所にある病院を選ぶことが大切です。

詳しく見る

医者と看護師

治療は医師との信頼が大切

心療内科等でうつ病を診断してもらうときは、信頼できる医師がおり、自宅から通いやすい病院を選ぶことが大切です。電話で診察の予約をする際に、最近の様子を簡単に話しておいたり、自己チェックシートの結果を伝えておくと大変便利です。

詳しく見る

心の状態をチェックしよう

男性

気分が落ち込むのはなぜか

なんとなく悲しい気分が続いたり、仕事や勉強が手につかなくなったりしたら、もしかしたらそれはうつ病の症状かもしれません。近年うつ病になる人はどんどん増えてきており、誰でも発症する可能性のある病気だと言えます。最近気持ちが落ち込むけれど、それが一過性のものなのか、病気だからなのか判断に困るという人も少なくありません。自分がうつであるかどうかを知るためには、うつになるとどのような症状が出るのかを知る必要があります。うつ病は精神的な症状と肉体的な症状の2つの症状が現れます。精神的な面で代表的な症状として、憂鬱な気持ちになってしまう抑うつ気分があります。悲しいことがあったときにつらい気持ちになってしまうのは誰でも同じです。しかし抑うつ状態の場合、その憂鬱な状態がずっと続くことになってしまいます。診断基準として、一日中、あるいはほぼ毎日憂鬱な気分である状態が2週間続いた場合はうつであると診断されます。また、読んでいる本の内容が頭に入ってこないといった、集中力の低下もよく見られる症状です。このような精神面での症状の感じ方は、人それぞれ違います。心療内科のホームページなどでは、自分でうつかどうかを確かめられる診断チェックシートが用意されているところもあります。こうした自己診断サービスを利用するのも、自分がうつかどうかを知るための1つの手です。肉体的な症状として多くのうつの人に見られるのが、睡眠障害です。不眠と過眠どちらの症状も発症しますが、不眠になる人の方が多いのが特徴です。なかなか寝付けなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまったりするときには不眠と同時にうつを疑うことをおすすめします。うつ病の症状を自分でチェックすることのできるシートは、自分がどんな状態かを把握することができるとして人気があります。こうしたセルフうつ診断ができるサービスは、主に心療内科や精神科のホームページやサイトで利用することができます。医療の専門のサイトでなくとも、心の病気についてまとめたサイトなどでも診断できることがあり、手軽で便利に利用できるサービスであると言えます。また、医療機関に受診しに行く前にセルフ診断を行ない結果を持って行くことで、診断の参考になるというメリットもあります。現在の自分の状態を医者にわかりやすく的確に伝えることができるので、より正確な診断につなげることができます。また、うつ病の症状が酷く、自分の状態をうまく医者に伝えることができない状態であったとしても、チェックシートの結果を持って行けば症状の説明の大きな手助けになります。セルフうつ病チェックが人気なもう1つの理由として、うつ病の予防にもつながるという点が挙げられます。うつとまで行かなくとも、不眠や精神面での不調を抱えているという人がチェックしてみることで、うつの危険性があると把握できるのは重要なことです。症状が悪化し、重いうつになってしまう前に早めに危険信号を察知することができるので、うつになるのを防ぐ対策をとれます。うつは早期発見が大事です。なんとなく気分が落ち込んだり体の不調を感じるといった場合には、このような自分でチェックできるサービスを利用して、心身面の健康を図るのがおすすめです。

Copyright© 2018 自分がうつ病か診断する方法【自己診断サービスを利用する】 All Rights Reserved.