早期治療が改善の鍵を握る

カウンセリングを受ける男性

気になる症状は放置しない

自分は絶対うつ病にはならないと考えている人も多いのではないでしょうか。実はうつ病は誰もが発症する可能性がある病気です。現在国内のうつ病の患者数は100万人を突破しました。これはあくまでも病院を利用している患者数であり、発症していることに気づいていない人や発症しているのにも関わらず通院していない人を含めるとかなりの数になることが予想されます。主なうつ病の症状としては気分が優れない状態が長く続いたり、何をしてもやる気や意欲が起きないなどです。この様な症状がもし2週間以上続いているのであれば発症している可能性があるので病院で診察を行いましょう。この病気は真面目な人や責任感が強い人が発症しやすい傾向にあります。この様な人は何でも自分で解決しようとしてしまい、ストレスが溜まりやすい傾向にあるでしょう。現在、この病菌の原因は未だに分かっていない部分が多くあります。しかしストレスも発症と大きく関わっているため、ストレスを溜めやすい人は注意が必要です。また、もし発症してしまった場合は専門のクリニックで診断してもらう必要があります。うつ病の診断は精神科または心療内科で行っています。もし発症しているという結果が出てしまった場合でもきちんと治療を行うことでしっかり改善することが出来ます。治療を行わずそのままにしてしまえば症状がどんどん悪くなってしまい、病院に行った頃には深刻になってしまっているという場合もあるので、出来るだけ症状が出てから早い段階で治療を行うことをおすすめします。うつ病は発症してしまうと改善するまでに長期間要することが多い病気です。通院期間や入院期間が長くなってしまう場合もあるため、出来るだけうつ病を発症させないこと、または発症しても早期に見つけることが大切です。そのためには、自分で定期的にセルフチェックを行い、早期発見を心掛けましょう。セルフチェックをする場合はうつ病専用の自分で出来る簡易的なチェックシートを用いてチェックしていきます。いくつかの質問に回答し、その答えを点数化して重症度を調べていくものです。このチェックシートは様々なサイトで公開されており、手軽に入手することが出来るのでぜひ利用してみましょう。精神科や心療内科でもうつ病を発症しているかどうかを調べる際は国際的な診断規準を用いて診断していきます。16項目の質問に答えていきますが、こちらもセルフチェックと同様でその回答を元にうつ病を発症しているかどうか、重症度をチェックしいています。もしそこで発症していることが分かっても、早期であれば比較的短い期間で改善することが出来るでしょう。しかし残念なことにこの病気は治っても再発しやすい病気です。その為、再発のリスクが少ない様に徹底的に治療を行うことが大切です。それと共にストレスを溜め無い様な工夫も大切になってくるでしょう。この病気は現代病の一つであり、現在も多くの人がこの病気で悩まされています。きちんと病院で適切な治療を行うことが改善への近道になるので、気になる症状をそのまま放置せずにしっかり治療を行いましょう。

Copyright© 2018 自分がうつ病か診断する方法【自己診断サービスを利用する】 All Rights Reserved.